2020年度の税理士試験の状況はどうでしたか?【コロナ禍での税理士試験】

資格

2020年度の税理士試験が終了しました。

コロナ禍という状況下のもとでの税理士試験、どうだったでしょうか?

税理士試験は予定通り実施

コロナ感染拡大の懸念の中、中止となる資格試験がありましたが、税理士試験は無事開催されました。

ただし、混乱もあったようです。

混乱1 受験票送付が遅れる

例年の税理士試験は、

● 6月 受験票送付
● 8月上旬 試験実施
でしたが、

今年は、

● 7月中旬 受験票送付
● 8月中旬 試験実施
となりました。

これは、コロナの感染防止の観点から、受験会場がなかなか決められなかったのではと思われます。

混乱2 受験会場の変更

東京近辺の受験者は、幕張メッセでした。

しかし、大規模イベントの人数制限の緩和の延長を行ったために、一部の人は、急遽受験会場が変更されるという事態が起きました。

会場は、TOC展示会場 、TKP市ヶ谷カンファレンスセンター 、神奈川県の横浜アリーナの3か所へ分散ということに・・・

受験者としては、かなり戸惑ったのではないでしょうか?

個人的には幕張は遠いので、近場の都内になるのは大歓迎でしたが。。

混乱3 受験会場付近の景色が変わる

受験会場の周辺で、専門学校の講師が声援を送ったり、解答速報を配ったり、人材紹介のチラシを配ったりという恒例行事が、コロナの影響に自粛されたようです。

ちょっと独特で活気ある、試験会場周辺の景色が見なられなかったのは残念です。

(個人的には、税理士試験に来たなあという、あの感じがいいんですけどね)

今年の特殊な試験問題

毎年、こんなのが試験問題に出るのか!?といった話題が出てきますが、今回は所得税と消費税で出たようです。

所得税 「競馬の払戻金」についての問題

これは、SNSでも話題となってました。

競馬の払戻金について、所得区分の説明を求めるという問題で、

 はずれ馬券は経費?

● あたり馬券は一時所得?雑所得?

といった内容です。

さらにこの競馬の払戻金の問題は訴訟になっており、判例についても回答しなければならないとのこと。

これは、会計税務の実務者で、日々税務ニュースを追っていた人には有利に働いたかもしれません。

(2019年の税務通信とかで、外れ馬券訴訟等の状況を取り上げていました)

税理士試験受ける人は、毎週、税務通信を読んでおいた方がいいかもですねぇ。

消費税 「電気通信利用役務の提供」に関する問題

これは、やはり出てきたかという感じです。

昨今は国境を跨いだデジタルサービスがどんどん増えている中で、リバースチャージは今後さらに実務で重要となってきますしね。

今後も、消費税法では「電気通信利用役務の提供」はしっかり勉強し、必ず押さえておく必要がある項目だと思います。

まとめ

コロナ禍の中で、異例の試験勉強、受験だったと思います。お疲れ様でした。

税理士試験の受験者は減少傾向にありますが、勉強は決して無駄ではなく、役に立ちますので、次に向けてまた勉強進めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました