面接が苦手な人必見!|面接が得意になるためにやること3選【転職6回経験者が解説】

採用・転職
<span class="fz-16px"><span class="fz-12px">転職活動中</span></span>
転職活動中

転職活動してますが、私面接が苦手で・・・

どうやったら面接、うまくなりますか?

今回は、このよう悩みに答えていきます。

☞ 記事の内容

面接が苦手と思う方に、面接が得意になるための、実践的な克服方法を紹介します。

☞この記事の解説者

転職6回
内定30社以上

6回転職経験者が、実際に面接力を鍛えるために行った方法を解説します。

IS課長
IS課長

実は私、面接が大得意!

面接が苦手でしたが、完全克服しました!

☞この記事を読み終えると、
「面接が苦手」を克服する方法わかり、転職での内定を獲得する可能性が高まります!

「面接が苦手」を克服する方法

「面接が苦手」を克服する方法は、3つあります。

場数を踏んで面接に慣れること

「経歴・自己紹介」が重要と認識すること

面接の自己練習をすること

この3つの項目を実践すれば、面接が徐々に得意になってきます!

IS課長
IS課長

これから、この3つの項目を説明しますよ

場数を踏んで面接に慣れること

結論、面接は慣れるとかなりの確率で上手くなります。

<span class="fz-12px">転職活動中</span>
転職活動中

慣れるためには、どんなことすればいいのかな?

☞面接に慣れるための方法

・転職エージェントの面接対策サービスを利用する

・できるだけ多く応募し、面接を受ける機会を得る

・できれば10社程度の面接を受ける

面接に慣れるための方法を解説していきます。

転職エージェントの面接対策サービスを利用する

今まで面接の経験がほとんどない方は、転職エージェントに登録して、

面接に向けたアドバイスを受ける
転職エージェントが提供している模擬面接サービスなどを受ける

この2つのサービスを受けることをおすすめします。

転職する場合、転職エージェントを利用される方が多いと思います。

この転職エージェントでは、実際に転職活動を始める前に、模擬面接をして面接に慣れようというサービスをしているところがあります。

このサービスでお勧めなのが、転職エージェントdodaですね。

本番の面接に近い雰囲気で模擬面接が受けられるので、面接が苦手な方は模擬面接を受けて、慣れておくことができるのがいいです!

私はdoda(デューダ)という転職エージェント、模擬面接のサービスを受けて、徐々に面接に慣れていきました。

面接アドバイスと模擬面接のサービスを受けると!?

<span class="fz-12px">転職活動中</span>
転職活動中

模擬面接を受けたらどうなるのかな?

模擬面接のサービスを受けると、

面接の初めから終わりまで、流れを理解することができる
面接の流れが理解できているので、本番の会社面接での緊張感が緩和する

この2つが身につきます。

人間、この先どう進むのかわからないと、緊張感しますよね。

面接がどう進むのか流れがわかれば、緊張感は緩和します!

模擬面接のサービスだけでは、完全に面接に慣れることは難しい

転職エージェントの模擬面接サービスは、一般的な面接の流れを理解するのに必要です。

本番の会社面接では、変則的な質問も結構出てきますので、模擬面接サービスだけで、完全に面接に慣れることは難しいですが、

初めて面接を経験する
久々に面接を受ける

こんな方が、補助的に転職エージェントのサービスを使うのがおすすめです。

IS
IS

転職エージェントをうまく活用することだね!

できるだけ多く応募し、面接を受ける機会を得る

面接を受ける機会を得るため、とりあえず書類選考に応募しましょう。

気なる会社へどんどん応募する
あまり興味がない会社でも応募してみる

そのうち数社でも書類選考が通れば、面接を受けることができます。

IS
IS

早く慣れるためにも、様々な会社で、面接を受けるのが重要!

様々な会社で、面接を受けるためのポイント

ただやみくもに、面接を受ける機会を増やしてもダメです。
戦略的に面接を受けてください。

第1希望の会社の面接を受ける前に、あまり興味がない会社で面接を受けておく
時間は限られている!少しでも多く面接を受けれるよう、スケジュール調整は必須

この2つのポイントを気にして、面接を受ける機会を増やしましょう。

できれば10社程度の面接を受ける

上段では、面接を受ける機会を増やしましょうというお話をしました。

<span class="fz-12px">転職活動中</span>
転職活動中

どれだけ面接受ければ慣れるかなあ・・・

面接を受ける機会を増やすのはいいけど、どれだけ面接受ければいい?
といった疑問があるかと思います。

結論、10社受ければ、完全に面接に慣れることができると思います。

3~4社で、だんだん慣れてくる。
6~7社までに、癖のある面接官との面接も経験する。
10社~で、面接の流れやパターンが掴め、そんなに緊張しなくなる。

こんな感じで、10社の面接で、ひと通りの面接パターンを経験することができるかと思います。

10社も面接を受けるのは多い!?

<span class="fz-12px">転職活動中</span>
転職活動中

10社も面接受けるのは大変・・・
時間もないし。。

10社も面接受けるのは大変です。面接を受ける時間を作るための、スケジュール調整も大変です。

でも、人前で話すことが苦手な人は、それくらい経験しないとなかなか慣れないのが実情です。

IS課長
IS課長

私の場合、3、4社で面接に慣れ始めました。
10社超えてからは、ほとんど緊張せず、スラスラ話すことができました。

10社以上経験すると、アドリブもできるようになってきますから、頑張ってください!!

面接に慣れたらわかること

面接に慣れると・・・

①面接パターンがわかり、緊張することが減ってきます。
②たいていの質問にも答えることができます。
③癖のある面接官も気にならなくなります。
④ちょっと変わった質問にも対処することができます。

面接になれると、こんなことができるようになります。

IS課長
IS課長

場数を踏んで、早く面接に慣れてましょう

「経歴・自己紹介」が重要と認識すること

<span class="fz-12px">転職活動中</span>
転職活動中

面接を受けるとき、一番重要なことは何だろう?

結論、面接の最初に述べる「自分の経歴と自己紹介」です!

この最初の「自分の経歴と自己紹介」を述べるとき、

・頭が真っ白になって度忘れしてしまった

・当初思っていたとおりのことを話せず、つまずいてしまった

こんなことがあると、面接は失敗に終わる可能性が高くなります。

最初に「自分の経歴と自己紹介」をスムーズに話せなかった場合、

「失敗した、ちゃんと話できなかった・・・」
「もっとこうしていればよかった・・・」

と悔やみます。

IS課長
IS課長

最初の失敗を引きずって、その後の質問も、うまく答えられなくなるんだよ・・・

面接で最初に話す「自分の経歴と自己紹介」は一番の重要であること、認識しましょう!

面接の自己練習をすること

<span class="fz-12px">転職活動中</span>
転職活動中

どうやって、面接の練習すればいいんだろう!?

転職の際、面接の自己練習はぜひやっておくべきです。

IS課長
IS課長

私が実践した面接の練習方法、紹介するよ!

自己練習するための、3つをポイントを解説します。

・経歴と自己紹介を話せるようにしよう

・一般的な質問に対する回答を準備しよう

・効率的な方法で自己練習を続けよう

経歴と自己紹介を話せるようにしよう

自分の経歴と自己紹介を練習する場合、

履歴書・職務経歴書の経歴、自己紹介の主要部分を抜粋
抜粋した箇所を、話し言葉に置き換えて、暗記用メモを作る

この2つをやってみましょう。

そのあと、暗記用メモを持ち歩いて、自己練習します。

一般的な質問に対する回答を準備しよう

一般に想定される質問を洗い出します。

履歴書・職務経歴書にも記載されている内容で、面接時に質問されることがあるので、それをピックアップします。

例えば、

・長所、短所
・志望動機
・自己PRなど

これも、

履歴書・職務経歴書の経歴、自己紹介の主要部分を抜粋
抜粋した箇所を、話し言葉に置き換えて、暗記用メモを作る

この2つをやって、暗記用メモを持ち歩いて、自己練習します。

効率的な方法で自己練習を続けよう

面接の自己練習ってどんな感じでやればいい?

IS課長
IS課長

私が実践した、自己練習の方法を紹介するよ

・自宅で、椅子に座って、目の前の面接官を想像しながら、一人声を出して話続ける。

・電車の中で、声を出さず繰り返し話続ける。

・ジムで、筋トレの休憩中に、声を出さず繰り返し話続ける。

・車の運転中、一人声を出して話続ける。

こんな感じで、場所を選ばず「経歴と自己紹介」と「質問に対する回答」を一人で話し続ける、といった練習しました。

IS課長
IS課長

面接の練習はどこでもできる!
空き時間を活用して、効率よく練習しよう!

まとめ

今回は、「面接が苦手」を克服する方法を解説しました。

まず、場数を踏んで面接に慣れるためには、以下の3つを実践してみてください。

場数を踏んで面接に慣れること

「経歴・自己紹介」が重要と認識すること

面接の自己練習をすること

この3つを実践すれば、徐々に面接に慣れていきます。

特に面接の場数を踏むには、転職エージェントが提供している模擬面接などを使うのがオススメです

たとえば、転職エージェント、doda(デューダ)の模擬面接サービスなどは実践的で凄くいいですね。

自己練習して、場数を踏んで面接には慣れたけど、
なかなか結果が出ないときはどうすればいい?

こんな時は、また別の理由を検討します。

例えば、

面接での話し方
面接での表情
面接での態度
面接での身だしなみ

面接に受かるために、次のステップとして、このようなことも考えていく必要があります。

今回の内容が、転職活動中の皆さんに少しだけでも役立ててもらえれば幸いです。

コメント

  1. […] 面接が苦手…【転職6回の経験者が教える、面接力を鍛える方法】転職6回… […]

  2. […] 面接が苦手…【転職6回の経験者が教える、面接力を鍛える方法】転職6回… […]

  3. […] 【参考記事】:面接が苦手な人必見!【転職6回の経験者が実践した克服方… […]

タイトルとURLをコピーしました