受かる職務経歴書の自己PRの書き方を解説!【転職6回の経験者がサンプルを提供】

採用・転職

自己PRってうまく書くの難しい・・・

転職で受かるための、自己PRのコツを知りたいな

今回は、転職者が悩む、職務経歴書の自己PRの書き方について解説してきます。

☞ 記事の内容

自己PRの書き方手順を解説

具体的な自己PRの書き方を、事例を用いて解説

私が実際に使って転職成功した時の、自己PRのサンプルも提供します!

☞この記事の解説者

転職6回
内定30社以上
の私が、実際に書いた自己PRを使って、書き方を解説します。

IS課長
IS課長

転職の時、自己PRいっぱい書いてきました

☞この記事を読み終えると、
自己PRの書き方のテクニックが身につきます。
採用担当に注目してもらえる、自己PRが書けるようになります。

では早速、解説していきます。

自己PRって、どう書けばよいの?

自己PRって、どこに、どのようなことを書けばいいの?

自己PRっていっぱい書いた方がいいの?

 結論、以下の3つのポイントを押さえて書きましょう。

自己PRはA4用紙1枚(1,000文字程度)に収める

自己PRは4つに内容を区分して書く

③自己PRは、職務経歴書に詳細を書く

自己PRはA4用紙1枚(1,000文字程度)に収める

自己PRは、A4用紙1枚程度がちょうど良いかと思います。

いっぱい書いても、

採用担当は全部読んでる時間がない(採用担当は忙しいです)
一番PRしたいところが分からなくなる

こんな状況になりますので、簡潔にA4用紙1枚程度に収めてください。

自己PRは4つに内容を区分して書く

自己PRは4つに分けて書くと、わかりやすくなります。

・自己紹介

・今まで実績、成果

・アピールしたい資格

・自分のアピールポイント

自己PRは、職務経歴書に詳細を書く

自己PRは、
履歴書に書くの?職務経歴書に書くの?

履歴書で自己PRを書く場合もありますが、十分にアピールするためにも、職務経歴書に自己PRを書いた方が思います。

履歴書だと文字数の制限があって、アピールしきれないですしね。

IS課長
IS課長

参考に、
私が職務経歴書に書いた、自己PRを出しちゃうよ

※私の場合は経理職の応募です。

自己PRを4つに分けて、A4用紙1枚で書いてますね。

この2つのポイントを意識すると、自己PRは書きやすくなります。

ここからは、
自己PRの4つに区分する方法
A4用紙1枚に収める書き方
を解説します。

まず、自己紹介を書く

まずは自己紹介を書きましょう。

参考に、私が書いた自己紹介はこんな感じ。

今までやってきた仕事を書き、そのあと、仕事スタイル(仕事の向き合い方)を、簡単に紹介する。こんな流れで自己紹介を書いています。

書き方のコツ

・4行~5行程度(200文字以内)で書けるといいと思います。

・経験してきた、主な業務を書きます。

・次に、今まで身に付けてきたスキルの中で、応募する職種にマッチした代表的なスキルを書きます。

・最後に仕事する上で心掛けていることを書きます。

IS課長
IS課長

この4つを気にして、自己紹介を書いてみよう

今までの実績・成果を書く

次に、今までの仕事の実績・成果を書きましょう。

参考に、私が書いた今までの実績・成果はこんな感じ。

この場合は実績・成果を2つ書いています。

業務の仕組みを変えて工数を削減したこと
ツールを導入して、経営に必要な情報を提供できる体制を構築したこと

このように、コスト削減の実績・成果を書いています。

書き方のコツ

・10行程度(350字程度)で書く

・直近の実績、成果を書く

・実績・成果は2つ程度書く

会社の収益アップに貢献したことを書く

コスト削減に貢献したことを書く

実績、成果の記載は重要な箇所です

採用担当は、具体的にどんな業務をやって実績を出したかを知りたいので、ここをチェックすることは多いです。

会社の業績にどれだけ貢献してきたか」という実績・成果のエピソードを書くと、具体的な成果・実績がわかるので、採用担当は評価してくれます。

例えば、

○○の販売戦略の立案実行をして、△△分野の商品売上アップに貢献した

システム導入のプロジェクトリーダーとして、○○作業の工数を大幅削減した

といったことを書けるといいですね。

IS課長
IS課長

収益に貢献したこと、コストを削減したこと
を書くのが評価されやすい!

実績、成果が思いつかない方へ

収益に貢献、コスト削減といった実績・成果なんてないなあ

そんな方でも、自分の業務で効率化したことや改善してみたことがあるはずです。

ちょっとした改善や工夫でも、作業工数を削減につながり、その結果コスト削減に貢献しています。

IS課長
IS課長

過去を振り返り、自分がやってきた
改善や工夫実績・成果に書いてみよう。

ちなみに、
気力と根性で仕事を続けてきたとか
皆勤賞だった(風邪をひいても頑張って出勤し続けた)

とか書いても、今の時代は評価されませんので。

アピールしたい保有資格を書く

特にアピールしたい、保有資格を書きましょう。

参考に、私が書いたアピールしたい資格はこんな感じ。

私の場合は経理職の応募です。
応募する、職種に関する資格のみをピックアップして書いています。

書き方のコツ

・応募する職種に、直接関係がある資格を厳選して書く

・取得した資格を、どう活用しているかコメントする

応募する職種に、直接関係がある資格を厳選して書く

資格については、履歴書でも記載すると思います。

履歴書では、
業務に直接関係ない資格も含めて、幅広く書く場合もあります(例えば運転免許など)

自己PRする際、応募する職種に直結する資格のみを厳選し、業務に必要な知識があることをアピールしてください。

取得した資格を、どう活用しているかコメントする

さらに、取得した資格をどのように活用しているか、簡単にコメントすると新設です。

取得した資格を業務に活かして、仕事していることをアピールしましょう。

自分のアピールポイントを書く

最後に、自分のアピールポイントを書きましょう。

参考に私が書いた自己紹介はこんな感じ。

自分がアピールできる能力「マネジメント力」、「会話力」に絞って書いています。

さらに、応募する職種以外の職種も経験し、幅広い目線で業務ができることをアピールしています。

書き方のコツ

・10行~15行程度(500文字程度)で書く

・アピールポイントは大きく分けて2つ書く

 ①「実務経験」
 ②「一般的に評価される能力」
 を記載するのがおすすめ

ここでは、アピールポイントを、
「実務経験」
「一般的に評価される能力」
この2つに分けて書くことをおすすめしています。

IS課長
IS課長

「実務経験」と「一般的に評価される能力」の書き方を解説するよ

アピールポイント 「実務経験」の書き方

実務を、十分に経験を積んでいることアピールするために書きます。

ポイント

・あまり長くならない程度で、4~5行程度で書きます。

・専門分野を持ちつつも、専門分野以外の業務も経験していることをアピールするのもよい

応募する職種の実務経験はもちろんですが、それ以外の職種の経験を記載するのもいいですね。

専門分野を強調しすぎると、それしかできない人と見られる場合もありますので。。

一般的に評価される能力の書き方

一般的に評価される能力とはなんでしょうか?

IS課長
IS課長

「一般的に評価される能力」とはなにかを説明しましょう!

一般的に評価される能力とは

企画力:
問題を解決するための段取りを組み立てる能力

実行力:
プロジェクトを実際に遂行していく能力

改善力:
問題点を発見し改善していく能力

コミュニケーション能力:
グループをまとめたり他者との折衝や交渉をする能力

判断力:
現在の状況を正しく把握して適切に対応していく能力

指導力:
部下に対して個々の能力や特性に応じた指導をしていく能力

折衝力:
自分の考えなどを他者に説明して納得させる能力

理解力:
担当業務の目的や上司の指示を理解する能力

以上が、一般的に評価される能力となります。

この中から、自分がアピールできる能力を選びましょう。

ポイント

ここでは、自分のアピールできる能力2,3を選択して書くことをおすすめします。

IS課長
IS課長

参考に、指導力とコミュニケーション能力を
アピールする場合の書き方を紹介するよ

・指導力(マネジメント力)をアピールする場合

指導力があることをアピールするために、心掛けていること、それを実践した結果、どのような成果を出したかを具体的に書きます。

例えば、

部下のモチベーションを上げること、常にチームの雰囲気が和やかになるよう心掛けた結果、XXプロジェクトを無事成功させることができました。

といったことを書くのが良いと思います。

・コミュニケーション能力をアピールする場合

コミュニケーション能力があることをアピールすることについても、心掛けていること、それを実践した結果、どのような成果を出したかを具体的に書きます。

例えば、

「外部や他部署対応を多くこなし、自分から会議を設定するなど率先して意見調整に動きました。
その結果、適時部署間の情報共有ができ、業務を円滑に進めることができました。」

といったこと書きます。

具体的にやっていることを書けば、ちゃんとコミュニケーションを取れる人なんだ
ということが伝わります。

参考:ダメな書き方

参考に、ダメな例も紹介します。

「周囲とコミュニケーションをしっかり取って仕事をしています。」

このような記載、結構あります。
これでは当たり前過ぎて、あまり評価されません。

具体的に、どのようにコミュニケーションを取って仕事を進めているのか記載して欲しいですね。

IS課長
IS課長

私の場合、
会話力を強調するため、社内外でセミナー講師をやっていて、人前で物もスラスラ話せることもアピールしました

まとめ

今回は、職務経歴書の自己PRの書き方の
書き方手順
具体的な記載内容
について事例を用いて解説しました。

改めて、自己PRを書く時のポイントは以下の通りです。

自己PRはA4用紙1枚(1,000文字程度)に収める

自己PRは4つに内容を区分して書く

そして、自己PRを書く場合は、

自己紹介
今まで実績、成果
アピールしたい資格
自分のアピールポイント

この4つに内容を区分して書きましょう。

実際には、
自己PRの書き方はある程度定型化されているものの、アピールしたいポイントによって、書き方は大きく変わってきます。

IS課長
IS課長

今回ご紹介した、実際に私が使った自己PRの文章サンプルも参考にしてみてください!

ご紹介した自己PRの書き方は、転職エージェントからもコツを教わり、書き方を覚えました。

特に転職エージェントのdoda(デューダ)の担当者から、履歴書・職務経歴書の添削をしてもらって、採用担当に好まれる記載の方法を学びました。

自己PRも、転職のプロである、転職エージェントに添削してもらうのもアリですね。

コメント

  1. […] 自己PR、どう書けばよいの?【転職6回の私が、自己PRの書き方教えます】… […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました