年収アップ目的の転職は失敗しやすい!【転職6回経験者が、失敗理由と4つの対処法を解説】

採用・転職

転職して、とにかく年収アップしたい!そうすれば転職成功だ!

IS課長
IS課長

ちょっと待って!
年収アップだけを目的に転職すると、後悔しますよ…

自分の年収に不満を持ち、年収をアップしたいという考えで転職活動をしている人は増加傾向にあります。

しかし、
年収アップだけを転職の目的とすると、転職に失敗しやすいので注意が必要です。

そこで今回は、

年収アップ目的の転職は、どうして失敗しやすいのか?

年収もアップさせ、転職に失敗しないためにはどうしたらいいのか?

について解説してきます。

☞この記事を読むと、

年収もアップさせつつ転職に失敗しない方法がわかります!

☞この記事の解説者は、
● 転職6回
● 内定30社以上
かなり転職を経験してきました。
そして何度も転職失敗を経験しました・・・

今回は、何度も転職失敗をした私の体験談を織り交ぜながら、年収もアップさせつつ転職に失敗しない対処法を解説します!

年収もアップさせ転職に失敗しない4つの対処法とは

年収アップさせて、さらに転職に失敗しない方法はあるんですか?

IS課長
IS課長

方法あります!
4つの対処法を意識して転職活動してください

年収をアップさせて、さらに転職に満足ができたら最高ですが、なかなかうまく行かないのが現実です。

そこで、以下の4つの対処法を意識して転職活動してください。

自分がやりたい仕事を意識すること

自分が興味ある業界・業種を意識すること

雰囲気の悪い会社には近づかないこと

特化型、ハイクラス転職エージェントから求人を紹介してもらうこと

年収アップだけを考えていては、転職に失敗する可能性が高くなります。

この4つの対処法を意識して年収アップの転職すれば、よほどのことがない限り転職に失敗した…
と思うことはなくなります。

では、ここからは年収アップ目的の転職が失敗しやすい理由を明らかにし、失敗しない4つの対処法について具体的に解説してきます。

年収アップ目的の転職が失敗しやすい理由

とにかく年収アップだけを目的に転職をすると、あとあと後悔することがあります。

後悔する理由とは、

転職後、仕事内容に不満をもつ

転職後、働いている業界・仕事に興味が持てない

転職後、会社の雰囲気が悪くて会社に行きたくない

これらの理由で、
せっかく転職で年収アップしたのに、仕事に不満を持ち、働くこと自体が辛くなってしまう場合があります。

なぜ、このような理由で転職を失敗してしまうのか?それは年収アップを最優先して転職活動をしてしまうからです。

例えば、

仕事内容より、年収アップを優先した

希望していた業界より、年収アップを優先した

面接でクズな面接官がいたけど、年収が良かったので転職した

会社の雰囲気が悪いけど、年収が良かったので転職した

このように、他の問題は気にせず年収が良くなることだけを優先すると、

後々、仕事内容に不満をもったり、働いている業界・仕事に興味が持てなかったり、職場環境が悪かったりで、「転職失敗した~」と思ってしまいます。

IS課長
IS課長

私も年収アップだけを目的として、いざ転職したらブラック企業だった…といった経験しました(泣

自分は年収アップが最優先!と思っている人ほど、転職後、このような仕事内容や環境に対して不満を持ってしまいます…

転職で年収アップを目的とする時こそ、あとあと後悔しないように事前対処して慎重に転職活動をすべきです。

転職に失敗しない4つの対処法を実践する!

年収もアップさせつつ転職に失敗しないためには、4つの対処法を意識して転職活動をしましょう。

IS課長
IS課長

私は、年収アップだけを目的として転職して失敗したことを反省して、4つの対処法を実践して慎重に転職活動をするようにしました。

自分がやりたい仕事を意識すること

どのような仕事をやりたいか?
転職するとき、当たり前に考えることです。

しかし、転職活動を進めていく中で、自分はそれほどやりたいと思っていないけど、年収が高いという求人案件も出てきます。

例えば、

経理を希望してたけど、人事の求人の方が年収が高かった
事務職を希望してたけど、営業職の方が年収が高かった

というのは、転職活動をするとよく見かけるものです。

そこで、とりあえず年収が高いから求人に応募してみたら、とんとん拍子で選考が進んでしまい、結果内定を獲得した。。なんてこともあります。

IS課長
IS課長

経理で応募したら、違う職種で

そこで、

やりたい仕事とちょっと違うけど、年収が高いからいいかな!?

と安易に転職先を決めてしまうと、あとあと後悔してしまうことが多くあります。

転職後、一時的には年収が良くなったと喜んでいられるでしょうが、
実際に働き始めると、

● やりたい仕事はこんなじゃない…
● 仕事のモチベーションが上がらない…
● この仕事興味ないし、得意じゃない…

と思い始め、
結果、転職失敗した・・・といったことになってしまいます。

いくら年収が良くても、

 興味がない仕事

 あまり得意じゃない仕事

をやり続けても、モチベーションも上がりませんし、苦痛なだけです。

結局長続きしないので、年収が上がってもそれは一時的なものにしかなりません。

年収をアップさせて転職を成功させたいのであれば、やりたい仕事を常に意識して転職活動をしてください

自分が興味ある業界・業種を意識すること

転職するときには、
どの業界・どの業種の会社にするか?
を考えて転職活動をします。

そして、

今まで経験してきた業界
業界自体に興味がある

などといった理由で、転職したい業界・業種を絞って活動する方が多いと思います。

しかし、転職活動を進めていく中で、自分が知らない業界、特に興味もない業界で、年収が高い求人案件も出てきます。

例えば、
食品製造の業界経験が長いのに、IT系の求人の方が年収が良かった、
なんていうことはよくあります。

そこで、とりあえず年収が高いからという理由で求人に応募した結果、内定をもらえました。

そこで、

業界には興味ないけど、年収が高いからいいかな!?

と安易に転職先を決めてしまうと、あとあと後悔してしまうことが多くあります。

転職後、一時的には年収が良くなったと喜んでいられるでしょうが、
実際に働き始めると、

そもそもこの業界に興味がない…
業界になじめない…
業界のルールや慣習がわからず仕事についていけない…

といったことになり、

結果、転職失敗となってしまいます。

いくら年収が良くても、

理解できない業界

興味持てない業界

にいても、モチベーションも上がりませんし、苦痛なだけです。

慣れない業界、わからない業種で仕事してもなかなか活躍することもできず、年収が上がってもそれは一時的なものにしかなりません。

年収をアップさせて仕事でも活躍したのであれば、自分が知っている業界、興味ある業界常に意識して転職活動をしてください

雰囲気の悪い会社には近づかないこと

転職活動をしていると、
雰囲気悪い感じの会社だなあ、なんかおかしい会社だなあと思ったりすることがあります。

例えば、
面接時に、社員に挨拶しても無視される
オフィスが掃除されていない、ゴミが落ちてる
社員の言葉遣いが乱暴
トイレで社員同士で愚痴をこぼしていた
面接官の態度が横柄で感じが悪かった

このようになんか「あれ!?この会社大丈夫か?」と感じることがあります。

このような会社は、基本的に何かしら問題を抱えている可能性があります。
もし、このような会社で内定をもらい、しかも年収が高かった場合、

年収は高いかもしれないけど、転職は慎重に判断してください。

入社を決める前に、

会社の決算状況を調べる
信頼できる転職エージェントに相談
面接で疑問点を質問

このような会社の事前チェックをしてください。

こういう会社は、
「年収をアップしないと人が集まらない会社」
だったりしますので、事前チェックが重要です。

また、特に要注意なのが、
面接官の態度が横柄で感じが悪かった
場合です。

IS課長
IS課長

年収に釣られて、感じ悪い面接官がいる会社に入社したら、酷いブラック企業だったということがあります…

面接官の態度が横柄で感じが悪い場合、会社自体がブラックの可能性があります。

この態度が横柄で感じが悪い面接官については、以下の記事でも解説しているので参考にしてください。(要注意ですよ!)

このように雰囲気の悪い会社に入社しても、会社の業績がヤバかったり、そもそも会社がブラックだったりする可能性が高いです。

(だからこそ人が集まらないので年収が高い・・・というワナがあります)

年収が高いからといっても、結局長続きせず、すぐまた辞めて転職活動をしなければならない場合がありますので、要注意です。

特化型、ハイクラス転職エージェントから求人を紹介してもらうこと

年収をアップさせ、さらに自分に合った仕事内容、業界・業種の会社を探すには、それなりのレベルの高い求人を持っている転職エージェントを使う必要があります。

例えば、
● IT系企業・ゲーム業界で、エンジニアとして仕事をしたいという場合は、
Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェント【マイナビクリエイター】

● 管理部門の経理や総務、人事として働きたい場合は、
管理部門特化型エージェント【MS-Japan】

● 技術職、専門職や外資系などを目指す場合は、
ハイクラスエージェント【JACリクルートメント】

このように目的に合わせた転職エージェントに登録して、求人を紹介してもらう必要があります。

ここで紹介した転職エージェントは、職種、業種・業界それぞれに特化していることもあり、年収も高めの求人が多いのが特徴です。

年収をアップさせつつ転職に失敗しないためには、それに見合う求人を紹介してくれる特化型、ハイクラスの転職エージェントに登録すべきです!

まとめ

今回は、

年収アップ目的の転職が失敗しやすい理由
年収もアップさせつつ転職に失敗しないための4つの対応策

について解説しました。

年収アップだけを目的として転職活動すると、結果的に、

転職後、仕事内容に不満をもつ

転職後、働いている業界・仕事に興味が持てない

転職後、会社の雰囲気が悪くて会社に行きたくない

といった状況に陥ってしまい、結果転職失敗した・・・
ということになる可能性が高いです。

年収もアップさせつつ転職に失敗しないためには、

自分がやりたい仕事を意識すること

自分が興味ある業界・業種を意識すること

雰囲気の悪い会社には近づかないこと

特化型、ハイクラス転職エージェントから求人を紹介してもらうこと

この4つの対処法を意識して転職活動する必要があります。

IS課長
IS課長

私は転職に失敗した後、この4つの対処法を常に意識して転職活動をしてきました!

転職で年収だけにこだわると、

仕事に興味が持てなかったり、
ろくでもない会社に入社したり、

結果的に、仕事が長続きせず、また転職活動をやり直すことになってしまうので要注意です!

転職失敗すると、
落ち込みも大きいです、人生にも大きく影響してきます・・・

年収をアップさせつつ転職に失敗しないためにも、今回ご紹介した4つの対処法を参考にして、是非とも転職を成功させてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました