経理マンには社会保険の知識が必須!【経理に必要な社会保険について簡単解説】

会計・税務

経理担当者で社会保険を理解していない人、結構多いです。

しかし、経理の月次業務、決算業務において必ず社会保険に関する処理が発生しますので、最低限の知識が必要です。

例えば、以下のような社会保険に関する経理処理があります。

毎月の給与支給時に天引きする、社会保険の仕訳起票

未払の社会保険料を、決算において仕訳起票

会社が負担する社会保険料を、毎月費用を平準化して計上

来期予算・計画策定の際、社会保険料の計画値を算出

そもそも社会保険の知識がないと、経理処理することができません。

ミスする可能性も高くなります。

IS課長
IS課長

社会保険を理解していないと、
経理の業務に支障をきたします!

ここでは、経理に関わる方や事務職の初心者向けに、最低限知ってほしい社会保険の基礎知識を解説します。

社会保険の定義

社会保険とは、

 健康保険
 介護保険(40歳以上の人が加入)
 厚生年金保険
 雇用保険(労働保険)
 労災保険(労働保険)

この5つを総称したものをいいます。

経理マンは、まず最初に社会保険は5つの種類があることを理解する必要があります。

要注意!
雇用保険、労災保険、労働保険を混同している人、かなり多いです。

労働保険とは、「労災保険」と「雇用保険」を合わせて総称したものです。

まずは、名称の定義をしっかり覚えてください。

ここからは、各保険の内容について簡単に説明します。

健康保険・介護保険の基礎知識

健康保険とは、
病気やけが、またはそれによる休業、出産や死亡といった場合に備える医療保険で、基本は国民全員が加入します。

介護保険とは、
 ●介護が必要な人に、介護の費用を一部を給付する制度で、40歳以上の人が加入します。

対象者は、基本、従業員全員です。
労働条件が、一定の基準を満たさない場合は、対象外となる場合があります。

健康保険・介護保険の保険料について

IS課長
IS課長

健康保険、介護保険について、最低限知っておきたいポイントを解説します。

保険料は、基本、会社と従業員が折半します。

保険料は、従業員の毎月給与や賞与から控除します。

従業員が負担しなければならない保険料は、会社が給与から天引きします。

従業員から預かった保険料と、会社が負担する保険料をまとめて、毎月健保組合などに納付します。

翌月の末日までに納付します。例えば4月分の保険料は5月末までに納付することになります。   

保険料は、原則、年1回変わります。

①4~6月の報酬(給与)の支払額の平均値で、1年間の保険料が決まります。

②9月分の保険料から、変更します。
(給与の締日にもよりますが、9月または10月給与から変更されます)

基本給等が変更となった場合は、改めて保険料が変更されます。

基本給等が変更された場合、その変更月から、3か月分の報酬(給与)の平均値で、保険料が決まります。

保険料は、以下の表で毎年決められています。

毎月の報酬(給与)によって、段階的に保険料が決められています。
また、賞与に対しても保険料がかかります。

※健康保険、厚生年金の保険料一覧表

厚生年金保険の基礎知識

厚生年金保険とは、

国民年金に上乗せされて給付される年金です。
ちなみに国民年金は、20歳以上60歳未満の国民全員が、必ず加入することになっている年金です。

対象者は、基本、従業員全員です。
労働条件が、一定の基準を満たさない場合は対象外となる場合があります。

厚生年金保険の保険料について

基本、健康保険・介護保険と同じと覚えて結構です。

(一部計算の違いはありますが、経理や一般事務職の方は、とりあえず計算方法は、ほぼ同じと覚えていいです。)

雇用保険の基礎知識

雇用保険とは、

労働者が失業をした場合などに、必要な給付(失業手当など)を行うための保険です。

「失業保険」と呼ばれることが多いです。

対象者は、基本、従業員全員ですが、以下の条件があります。
 ①31日以上雇用される予定である人
 ②1週間の労働時間が 20 時間以上の人

IS課長
IS課長

雇用保険は、労働保険の一部ですよ。

雇用保険料について

IS課長
IS課長

雇用保険料について、最低限知っておきたいポイントを解説します。

保険料は、基本、会社と従業員が折半します。

保険料は、従業員の毎月給与や賞与から控除します。

従業員が負担しなければならない保険料は、会社が給与から天引きします。

年に1度、雇用保険料と労災保険料の概算額を算定し、会社がまとめて前払いします。

年3回に分けて納付することも選択できます。

年に1度、雇用保険料と労災保険料の確定額を算定し、前払いした概算額との差額を精算します。

上記概算額の算定と前払い、確定額の算定と精算は、毎年6月に行うのが基本です。

概算額の算定と、確定額の精算は、以下のような申告書で計算します。

労災保険の基礎知識

労災保険とは、

業務や通勤によるケガや死亡などに対し、労働者や遺族に保険を給付する制度です。

対象者は、基本すべての従業員です。

IS課長
IS課長

労災保険は、労働保険の一部ですよ。

労災保険料について

保険料は、全額会社が負担します。

保険料は、従業員の毎月給与や賞与から控除することはありません。

保険料の支払いは、雇用保険料と合わせて行います。
(支払いの方法は、雇用保険料のパートで記載した内容と同じです)

まとめ

今回は、経理や事務職の初心者向けに、最低限抑えてほしい社会保険のポイントを取りあげました。

最後に、今回取りあげた内容を、簡単にまとめました。

● 健康保険(病気や怪我に備えた保険)
 → 会社と従業員が保険料負担
 → 基本、年1回保険料が改定される
 → 対象者は従業員全員(一部条件あり)

● 介護保険(介護が必要になった時に備える保険)
 → 40歳以上の人が加入
 → 会社と従業員が保険料負担
 → 基本、年1回保険料が改定される
 → 対象者は従業員全員(一部条件あり)

● 厚生年金保険(老後に備える年金)
 → 会社と従業員が保険料負担
 → 基本、年1回保険料が改定される
 → 対象者は従業員全員(一部条件あり)

● 雇用保険(失業の時の保険)
 → 会社と従業員が保険料負担
 → 年に1度(6月)概算保険料を会社がまとめて前払い
 → 年に1度(6月)概算と確定の保険料の差額を精算する
 → 雇用保険と労災保険を合わせて、労働保険という
 → 対象者は従業員全員(一部条件あり)

● 労災保険(業務中の怪我などに備える保険)
 → 会社が保険料負担
 → 年に1度(6月)概算保険料を会社がまとめて前払い
 → 年に1度(6月)概算と確定の保険料の差額を精算する
 → 雇用保険と労災保険を合わせて、労働保険という
 → 対象者は、従業員全員

最低限、これを知っておけば、経理の仕事でも役に立ちます。

経理マンはぜひこの社会保険の知識を身に付けてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました