【エクセル】行を挿入する時、表の計算式を自動コピーする方法

エクセル

エクセルの表に行を挿入するとき、
表の計算式を自動コピーできないでしょうか?

表でに行を挿入するとき、その都度、
表の計算式をコピペして面倒です。

IS課長
IS課長

計算式を自動でコピーする方法、あります!

今回は、このよう疑問に答えていきます。

☞この記事の内容

エクセルの表に行を挿入する際、
表の計算式も一緒に自動コピーする方法を解説します。

簡単な方法を2つご紹介。

☞この記事の解説者

● エクセル使用歴20年
 社内では、一番エクセルが使える課長です
● VBAマクロもバリバリ使います

IS課長
IS課長

「エクセル大好き」経理課長ISが、
エクセルの基本を解説します

この記事は、

● エクセル初心者
● 仕事でよくエクセルを使う方

向けの記事ですが、
エクセル上級者でも、「そのとおり!」とか「納得!」と思ってもらえる記事です。

エクセルで行を挿入した場合、表の計算式も自動コピーする方法

エクセルの表に行を挿入した際、
表にある計算式も一緒にコピーしたいと思うことはありませんか?

その方法は2つあります。
(VBAマクロを使う方法もありますが、ここでは省略)

● 行をコピーして、「コピーしたセルの挿入」をする方法 

● テーブル機能を使う方法

ここでは、この2つの方法をご紹介します。

なお、おススメできる方法は、

● テーブル機能を使う方法です。

結論だけ知りたい方は、先に「テーブル機能を使う方法」を読んでみてください。

エクセルの表に、行の挿入をした場合どうなる?

エクセルの表に、行の挿入をした場合どうなるか、
以下のサンプルの表を使って説明します。

サンプル表(文房具の購入管理表をサンプルとしています)

赤枠に、計算式(単価×数量)
が入っている、表となります。

この表で、行を挿入します。
ここでは、表の7行目に下方向にシフトして行を追加します。

そうすると、このように空欄の行が挿入されます。

行を挿入した金額のセルには、計算式(単価×数量)が入っていません。

金額欄に計算式を入れるためには、
いちいち計算式をコピペする必要があり、面倒です。

IS課長
IS課長

ここからは、行を挿入した時、
一緒に計算式もコピーする方法を解説します。

行をコピーして、「コピーしたセルの挿入」をする方法

行を挿入し、一緒に計算式もコピーしたい場合、

行をコピーして、「コピーしたセルの挿入」をするといった方法

が考えられます。

まず、以下のように行をコピーします。

次に、
① 行を挿入したい箇所の範囲を選択します。
② 右クリックをして「コピーしたセルの挿入」を選択します。

そして、

「下方向にシフト」を選んで、OKを押します。

その結果、行がコピーされ、計算式も入っています。

ただし、計算式以外のデータもコピーされます。

一般的には、計算式だけをコピーして、他の項目は空欄にしたいはずです。

これだと、コピーした計算式以外のデータを消す必要があり、面倒です。

IS課長
IS課長

面倒なので、
あまりおすすめできません。

そこで、
次からはテーブル機能を使った方法を解説します。

テーブル機能を使う方法

エクセルのテーブル機能を使った表では、
行を追加すると、計算式だけコピーされるようになっています。

テーブル機能とは、

● 表にデータを追加したり、確認がしやすくするための状態にすること

● 表のデータ自体を扱いやすい状態にすること

といった状態する機能です。

まずは、テーブル機能を使って、表をテーブル化してみましょう。

まずは、
① テーブル化したい表を選択します
② 挿入タブのテーブルを選択します

そうすると、
テーブル化したい表の範囲を確認するメニューが出てきます。

 

 

 

 

 

テーブル化する表の範囲に問題がなければ、「OK」を押します。

そうすると、選択した表が、

こんな感じでデザインが変わります。
これでテーブル化できました。

このテーブル化された表で、行の挿入をしてみましょう。

① 行を挿入したい箇所を選択します。
② 右クリックで「挿入」を選び、さらに「テーブルの行(上)(A)」を選択します。

そうすると、

行が追加され、計算式だけがコピーされています。
(他の項目は空欄になっています)

計算式だけをコピーして、他の項目は空欄となって行追加できました!

IS課長
IS課長

テーブル機能を使えば、あっという間に解決です。

まとめ

今回は、エクセルで行を挿入する時、
表の計算式を自動コピーする方法について解説しました。

行を挿入する時、表の計算式を自動コピーするには、

● テーブル機能を使って、表をテーブル化する

を実行するのが一番です。

どのように表をテーブル化すればよいかは、この記事で簡単に解説しましたので、参考にしてください。

IS課長
IS課長

テーブル機能、
ぜひ仕事で使ってみてください!

今回ご紹介したテーブル機能以外でも、エクセルには裏技的な便利機能もたくさんあります。

便利機能を使って、
 仕事で即戦力となって活躍したい!
 もっと仕事の効率をしたい!
 就職活動でもエクセルスキルをアピールしたい!
という方は、スクールでエクセルを勉強するのも手っ取り早いです。

正直なところ私、
エクセルマクロは、KENスクール使って覚えました(とにかく早く覚えたくて。。)

エクセルを早く使いこなすためのスキル身に付けるなら、
スクールを使うのが手っ取り早いです。

個人的にエクセルの勉強して、
⇒ 仕事の効率化して
⇒ 残業時間減らして
仕事で評価されるのを目指すのもアリですね。

さらに転職でも、エクセルのスキルがあった方が、かなり有利なのでさらにスキルアップ目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました