エクセルのテーブル機能とは?【使う目的と設定方法を簡単解説】

エクセル

エクセルのテーブル機能とはなんでしょうか?

どんな時にテーブル機能を使うのですか?

IS課長
IS課長

エクセルのテーブル機能とはなにか?
を解説していきます

今回は、このよう疑問に答えていきます。

☞この記事の内容

● エクセルのテーブル機能とはなにか? どんな時に使うのか?

● テーブル機能の設定方法

この2つを簡単に解説します

☞この記事の解説者

● エクセル使用歴20年
 社内では、一番エクセルが使える管理職やってます
● VBAマクロもバリバリ使います

この記事は、

● エクセル初心者
● 仕事でよくエクセルを使う方

向けの記事です。

エクセルのテーブル機能とは?使う目的は?

エクセルのテーブル機能とはなんでしょうか?

ずばり、

● 見やすい表を簡単に作る機能

● データを扱いやすいようにする機能

この2つです。

仕事では、データを扱うことが多くあります。

例えば、

● 得意先の会社名、住所や電話番号を管理する得意先データ
● 営業担当者が、どの会社にどの商品をいくら販売したかを管理する売上データ
 購買担当者が、商品をどれくらいの数量で仕入れたかを管理する仕入データ

など、仕事では様々な場面でデータを作成・管理しています。

例:商品仕入データ

このようなデータを、エクセルで、
見やすいようにして、さらにデータを扱いやすく(データを検索したり絞り込んだり)するために、

エクセルのテーブル機能

を使います。

テーブル機能はどんな場面で使う?

エクセルのテーブル機能は、どんな場面で使えばよいでしょうか?

● 基幹システム、会計システム、人事システムなどからCSVファイルをダウンロード

● ダウンロードしたCSVファイルを使いやすいように、見やすいように加工する

こんな時、テーブル機能を使えば、
ダウンロードしたCSVファイルを簡単に見やすくて、使いやすい表に作り替えてくれます。

● ダウンロードしたCSVファイル

各種システムから出力したCSVファイルなどに対し、エクセルテーブル機能を使ってみると、

こんな感じに、
見やすくなり、さらにフィルタ機能も自動で設定されています。

テーブル機能は、簡単な操作で、
データを一括で加工してくれますので非常に便利です。

正に、各種システムから出力されるCSVファイルを加工する場合には、非常に適している機能です。

次からは、このテーブル機能の設定方法を解説していきます。

テーブル機能の設定方法

テーブル機能の設定方法は、すごく簡単です。

手順は2つだけです。

まずは、
① テーブル機能を使いたい表を選択します
② メニューにある挿入タブのテーブルを選択します

そうすると、
テーブル機能を使いたい表の範囲を確認するメニューが出てきます。

 

 

 

 

 

テーブル機能を使いたい表の範囲に問題がなければ、「OK」を押します。

そうすると、選択した表が、

こんな感じでデザインが変わります。

このように、簡単操作でテーブルを作ることができます。

IS課長
IS課長

あっという間に
テーブル機能を使った表を作成できます。

まとめ

今回は、

● そもそもエクセルのテーブル機能とはなにか?

● テーブル機能を使う目的

● テーブル機能の設定方法

について、簡単に解説しました。

エクセル初心者向けの内容でしたが、
エクセル上級者でテーブル機能を使っていない方も、これから使ってみることも検討してはいかがでしょうか。

IS課長
IS課長

今回ご紹介した内容、
ぜひ仕事で使ってみてください!

今回ご紹介したテーブルの機能以外でも、
エクセルには裏技的な便利機能もたくさんあります。

便利機能を使って、
 仕事で即戦力となって活躍したい!
 もっと仕事の効率をしたい!
 就職活動でもエクセルスキルをアピールしたい!
という方は、スクールでエクセルを勉強するのも手っ取り早いです。

正直なところ私、
エクセルマクロは、KENスクール使って覚えました(とにかく早く覚えたくて。。)

その結果、仕事でエクセル知識を活かせているので、
自分への投資効果があったと思ってます。

個人的にエクセルの勉強して、
⇒ 仕事の効率化して
⇒ 残業時間減らして
仕事で評価されるのを目指すのもアリですね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました